◆◆◆在庫についてのお知らせ◆◆◆
・掲載中の商品はすべて店頭販売、もしくは別店舗(オンラインショップ)でも販売しております。
 入れ違いで完売、在庫修正が完了していない場合あります。
・まだオンラインショップに未掲載の商品や色、サイズある場合ございます。
 お探しのブランド、商品あれば遠慮なくお問合せください。
・メーカーお取り寄せ商品もありメーカー在庫無い場合はキャンセルとさせていただきます。
 ※お急ぎのお客様は在庫確認、お届け時期など遠慮なくお問い合わせください

ENJOI

エンジョイはカリスマスケーターのMarc JonsonとMatt Eversoleによって2001年にスタートしました。

enjoiは商業的になりすぎたスケート業界と逆に、スケート楽しさ、フレンドシップを強調したブランドイメージを目指したい。

Marc Jonsonはenjoiについてこんな風に語っています。

「enjoiって何をしたいブランドなの?って思ってるでしょ。
どの位売りたいのとか、どんなイベントをやろうとしているのとか、どんな人達に支持されたいのとか、、、、そういう事を知りたいんでしょ?
そうでは無くて僕らは今、みんなが飢えている何かを提供したいんだよね。
お金とか良い車とかじゃなくて、もっと違う大切な事。基本に立ち返って、人間にとって大事な何かを伝えたいんだ。」

瞬く間にスケーターたちの中で高い人気を得ました。

Markは2002年、友人であるMatt Eversole、Louie Barletta、Tony Rodrguezの3人にブランドを譲る事になりこの3人を中心に、デザイナーのBrett Lallyを加え新たにスタートしました。
Mark Jonsonが思い描いたブランド像を踏襲しながらも、スケートボードのみでなく、様々なカルチャーの要素を取り入れたストリートクロージングブランドとしての活動をスタート。
活動の中心はカリフォルニアのスケート聖地サンノゼで、当時また無名のJerry HsuやLouise Barettaなど中心にスケートチームを発足しました。
2007年にはenjoi初となるDVD"Bag of Suck"はアメリカのトランスワールドの賞を総なめし、スケート業界では不動の地位を築きあげました。

enjoiのアパレルもLAのSupremeやBeamsなどで取扱われるほど、高い評価を得ているブランドです。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

7